新着情報

時候の挨拶 8月

八月に使える時候の挨拶のサンプルです。
挨拶状を出す際の参考にしてください。

残暑の候、秋暑の候、晩夏の候、立秋の候、新涼の候、初秋の候

(例文)
・秋まだ遠く、厳しい残暑が続いています。
・吹く風に、ゆく夏の気配を感じる頃となりました。
・晩夏のみぎり
・寝苦しい夜がつづいておりますが
・暑さもようやく峠を越したようで
・夏も終わりを告げようとしていますが

八月は夏から秋へと変わっていく季節です。
暑中見舞い状を出す場合は立秋(八月八日ごろ)までに送り、それ以降は残暑見舞いとして送ります。
前半は猛暑で体調を崩す人も多い季節ですから、相手への気遣いを文章にして送ります。
後半は猛暑が過ぎ徐々に涼しくなっていく初秋を感じさせるような文章もよいでしょう。