新着情報

時候の挨拶 2月

時候の挨拶 2月

二月に使える時候の挨拶のサンプルです。
挨拶状を出す際の参考にしてください。

余寒の候、立春の候、春寒の候、向春の候、春浅の候

(例文)
・立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております
・余寒厳しい毎日が続いています
・立春を過ぎ、本格的な春の訪れが待たれる頃となりました。
・雪深い当地では、立春とはいえ真冬の寒さが続いています。
・寒さの中にも春の兆しが感じられるころとなり

二月は一年で最も寒い季節となりますので、寒という字がよく使われますね。 寒くて体調を崩しやすい季節ですから、文章の最後には相手の体を気遣う一文を添えるがよろしいかと思われます。